クリームパン [パンの図鑑]

クリームパン
Creampan

タイプ
リッチ系、天板焼き、菓子パン
発酵法など
パン酵母(イースト菌)で発酵させます。
通常はあんパンで使うものと殆ど同じものを使っています。
主要穀物
小麦粉
主な材料
強力粉、塩、砂糖、スキム、卵、イースト、水、無塩バター、カスタードクリーム
クリームパンは明治30年代に新宿中村屋の創業者である相馬黒光さんが初めて食べたシュークリームの美味しさに感動した事から、シュークリームと同じクリームを使用したパンを作りたいと考えて作られたのが始まりとされており、現在でも多くのパン屋さんで作られている人気のパンです。また、大手のパンメーカーもクリームパンを販売した事から、更に多くの人に食べられるようになりました。

クリームパンは主に卵と牛乳を材料としたカスタードクリームを入れて作りますが、パン生地の方は明治時代の初期に考案されたアンパンのものと殆ど同じものが使われ、形は丸形のものや楕円形のものもありますが、クリームパン特有の形としては上記の写真にもある野球のグローブのような切れ込みの入ったものが一般的です。

尚、クリームパンは焼きたてよりも、少し熱の取れた頃の方が美味しいとされており、甘みが強いという特徴から、紅茶や緑茶、コーヒーなどとも相性が良く、食事以外の時でもティータイムの際にそれらの飲物と一緒に食べられる事も少なくありません。

八天堂のプレミアムフローズンくりーむパン